車検しないとまずいのにお金がない


車検は車を持って入れば定期的に行わなければならないものです。その料金は1回あたり10万円以上かかり大きな費用が発生します。車検なのにお金がない時にはどうすれば良いのか、対処方法をご紹介しますので参考にしてみてください。

 

車検ローンやクレジットカードで分割払いを行う

カーディーラーや一部の整備工場などでは、車検ローンを組んでくれたり、クレジットカードでの支払いを許してくれたりします。分割払いができれば、支払いもかなり楽になるのではないでしょうか。
車検ローンやクレジットカードのメリットとしては、まとまったお金がすぐに手に入ることと、少額ずつの毎月の支払いで済むことです。クレジットカードの場合は、高額な車検代を支払うことで、たくさんのポイントが溜まることもあります。
ただし、デメリットとして、すべての業者が対応してくれるわけではないことや、ローンの場合は審査を受けなければならないこと、金利や利息がかかってしまうのでトータルコストとしては割高になってしまうことが挙げられます。

 

ユーザー車検を利用する

ユーザー車検を利用すると、法定費用のみの必要最小限の金額で車検を通すことが可能です。最低でも1万円最大で5万円以上車検を安くすることができるのです。ユーザー車検は陸運支局に予約をすれば誰でもが受けられます。ただし、ユーザー車検の場合は、必要書類を自分で用意し、車の整備などは自分で行わなければなりません。ある程度、車に関する知識を持っていることが必要です。また、車に大きな不具合があり自分で修理不可能な場合は、ユーザー車検を通すことができません。大きな修理が必要な場合は、車検ローンを使用するなどして、ディーラーなど他の業者に車検を代行してもらう方が得策です。
ユーザー車検を受けるためには、陸運支局が空いている平日に出かける必要があり、お勤めの人は会社を休まなければなりません。

 

カードローンを利用する

カードローンを利用して一時的にお金を確保すると言う方法もあります。カードローンには銀行系のカードローンと消費者金融系のカードローンがあります。銀行系のカードローンは審査が厳しいですが、安い金利でお金を借りることができます。一方、消費者金融系のカードローンであれば、比較的審査が緩く、即日お金を調達することができますが、金利が高いのがデメリットです。
多くのカードローンでは、50万円以下の借り入れであれば、収入証明書は不要でお金を借りられます。
少しでも金利を抑えたいのであれば、銀行系カードローンを利用するのがオススメですが、審査に時間がかかりますので、すぐに現金が必要な場合は消費者金融系のカードローンを利用するのが良いでしょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

新着エントリー

車検は最短ならどのくらいで終わる? : スピード重視で車検を受けたいという人はどのような点に注意したら良いでしょうか。一般的なディ...カテゴリ:車検業者の選び方
バイク車検について解説します。 : バイクを所有している人も、排気量によってはバイク車検を受けなくてはなりません。バイク車検を...カテゴリ:車検の基礎知識
車検しないとまずいのにお金がない : 車検は車を持って入れば定期的に行わなければならないものです。その料金は1回あたり10万...カテゴリ:お得な車検
CONTENTS TOP ↑