車検費用の内訳は?


車検費用はどうしてこんなに高いんだろうと首をかしげる人も多いかもしれません。そこで、車検費用の内訳についてご紹介しましょう。内訳がわかれば、納得もいくかもしれませんし、価格交渉の際に有利に話を展開できるかもしれません。

 

車検の基本料金!法定費用

どの業者に車検を出しても、必ずかかるのが法定費用です。法定費用は税金ですので、値引かれることもありませんし、一律価格は決まっています。法定費用の中で最も高価なのは、自動車重量税です。軽自動車であれば、6,600円ですが、フィットなどの小型車となると16,400円、プリウス級の車となると24,600円、クラウンなどの大排気量車は32,800円もかかります。次に高価なのが自賠責保険料で、軽自動車の場合は、25,070円、普通車であると25,830円かかります。その他、印紙代として1,100円がかかります。そのため、軽自動車でも法定費用は32,770円かかり、普通車の場合は、プリウス級の車で51,530円かかることとなります。

 

24ヶ月点検などの点検料がかかる

法定費用とは別に、24ヶ月点検という法定点検を受ける必要があります。これは、エンジニアの工数となりますので、車検をお願いする業者によって異なってきます。最も高いのは、ディーラー車検で点検を行うのに40,000円程度かかることが多いです。次には、車検専門フランチャイズ店や民間整備工場などがあり、その場合25,000円程度の点検料となります。最近では、ガソリンスタンドやカー用品店などでも点検が可能で、その場合は約20,000円です。最も安く上げる方法はユーザー車検となりますが、自分自身で24ヶ月点検を行わなければならないため、車について詳しい知識が必要になります。陸運支局への手続きや車の検査も自分自身で行わなくてはなりません。

 

交換部品料金も発生する

自動車を車検に出す前に、点検を行なった場合に部品が消耗、もしくは破損していた場合は部品を交換しなくてはなりません。この場合の部品交換料金も車検をお願いする業者によって異なってきます。ディーラー車検に出した場合は、必ず純正部品を使用します。そのため部品代も高価になってくるのです。しかし、カー用品店車検に出した場合は、カー用品店の店舗に豊富に汎用部品の品揃えがありますので、それらの汎用部品を使用することでコストが抑えられます。汎用部品の使用については、車検専門フランチャイズ店や民間整備工場、ガソリンスタンドでの車検でも相談に乗ってもらえるので、部品代を安く抑えたいのであれば、ディーラー車検を避けると良いでしょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

新着エントリー

車検は最短ならどのくらいで終わる? : スピード重視で車検を受けたいという人はどのような点に注意したら良いでしょうか。一般的なディ...カテゴリ:車検業者の選び方
バイク車検について解説します。 : バイクを所有している人も、排気量によってはバイク車検を受けなくてはなりません。バイク車検を...カテゴリ:車検の基礎知識
車検しないとまずいのにお金がない : 車検は車を持って入れば定期的に行わなければならないものです。その料金は1回あたり10万...カテゴリ:お得な車検
CONTENTS TOP ↑