格安車検は本当に大丈夫なの?


格安車検はとても安いのが魅力ですが、本当に受けても良いものなのかと悩むかもしれません。業者が行っているものなので誰もが安心して受けられるものになっているとも考えられますが、デメリットもあるのでしょうか。

 

安いのが魅力の格安車検

車検は安くて喜ぶ人はいても不満に思う人はいないでしょう。価格競争を徹底的に行ってきた結果として、車検を専門とする業者では格安車検を実施するようになってきました。一円でも安くするのを目指して競争を行っているケースも多く、費用を削減したいという人から高い人気があります。安く利用できるだけでなく、車検にかかる時間も短くなっていてメリットばかりに感じられるような格安車検もあります。このような点を考慮すると費用がかかってしまいがちなディーラー車検や民間整備工場での車検などを利用する意味もないと考えてしまうかもしれません。しかし、安いからにはデメリットもあるというのは念頭に置いておかなければならないので注意しましょう。

 

メンテナンスの内容に注意が必要

格安車検のデメリットとしてまず筆頭に上がるのがメンテナンスの内容が完全ではない場合が多い点です。ディーラー車検の場合には次の車検時期になる二年後までは快適かつ安全に走行できるように隅々まで整備を行ってくれるでしょう。しかし、格安車検ではそのような対処を行ってしまうと破産してしまうのは明らかです。法律によって定められている点検内容だけに厳選して行い、基準を満たせるように最低限の整備だけを行って車検を通すとう方針が持たれています。それでも十分という考えで利用するのなら全く問題ありませんが、もともとディーラー車検を受けていたという人の場合にはだんだんと車の調子が悪くなってきてしまうリスクがあると理解しておく必要があるでしょう。

 

追加費用の発生にも注意

格安車検を行ったときには費用が最初の見積もり通りにならない場合もあるので注意しましょう。安いのは標準料金であって、何か整備が必要になったときには追加費用が発生する場合が多くなっています。交換部品については実費を申し受けるという形になっている場合でも、交換する部品が増えれば増えるほど費用負担は大きくなるでしょう。必要以上に部品を交換するという対応を取って費用が高くなっていることもあります。他の業者であれば交換ではなく簡単な洗浄などの対応で済ませられる場合も稀ではありません。整備内容についてよく理解すると共に、追加費用がどの程度かかる可能性があるのかも問い合わせた上で実施してもらうようにしましょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

新着エントリー

車検は最短ならどのくらいで終わる? : スピード重視で車検を受けたいという人はどのような点に注意したら良いでしょうか。一般的なディ...カテゴリ:車検業者の選び方
バイク車検について解説します。 : バイクを所有している人も、排気量によってはバイク車検を受けなくてはなりません。バイク車検を...カテゴリ:車検の基礎知識
車検しないとまずいのにお金がない : 車検は車を持って入れば定期的に行わなければならないものです。その料金は1回あたり10万...カテゴリ:お得な車検
CONTENTS TOP ↑