時々起こる車検ミスとは?


車検を受けたときには車は万全な状態になっているものだろうと考えて当然かもしれません。しかし、人の手によって行うものなので車検ミスも発生しています。該当するときには再検査を受けて本当に大丈夫かどうかを確認する必要があるでしょう。

 

ミスがつきものの車検

車検を業者に依頼して実施してもらったときにはもう当面は何も問題がない状態になっていて安心して公道を走行できるようになっていると考えるのはもっともと言えます。しかし、車検は人の手によって行っているものなのでうっかりミスをしてしまうリスクがないわけではありません。ユーザーを困らせる車検ミスは実はときどき起こっていて、再検査を求められる場合もあるのが実情です。車検の際には以下の項目を検査していきます。
・外回り
・サイドスリップ
・ブレーキ
・スピードメータ
・ヘッドライト
・排気ガス
・下回り
このチェックをしている間にミスが生じてしまうと大きな問題が生じてしまうのは確かでしょう。どのようなミスが起こり得るのでしょうか。

 

車検ミスの事例から考えるミスの可能性

最近発生した車検ミスの事例として、ブレーキ検査に用いる機器の設定ミスがあります。テスターを使用してブレーキ性能の検査を行うのがブレーキ検査ですが、テスターの設定が誤っていれば検査の合否が変わってしまうのは明らかでしょう。車にとっては生命線であるブレーキがあまり利かなくても合格となってしまっていると命に関わるかもしれません。逆に厳しい基準になってしまっていると安全に運転できるレベルなのに整備が必要と判断されてしまうのは明らかでしょう。このような機器を用いた検査は各所で行われているので、その設定ミスだけでなく整備不良や誤作動、故障や誤操作などによって車検ミスが生じてしまうリスクがあるのは確かです。

 

車検ミスには人の影響が大きい

機器は人が作り上げたものであり、人が正しく整備をして正しく操作していれば正しい検査を行えるようになっています。外回り検査のように人の力がほとんどを占める検査もありますが、サイドスリップ検査のように機器ベースのものもあるのが車検の審査です。どちらの場合にも人が行っているものだという認識は持たなければならないでしょう。人が行っている限りはミスはつきものですが、何度も別の人がチェックすればミスのリスクは減らせます。そのような努力をしているかどうかが大きな問題になるのです。再検査になったときには通常は無料で実施してもらえるようになっていますが、手間がかかるのは確かなので車検を受けた時点で不思議だと感じる部分があったときにはミスも疑って問い合わせてみるようにしましょう。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

新着エントリー

車検は最短ならどのくらいで終わる? : スピード重視で車検を受けたいという人はどのような点に注意したら良いでしょうか。一般的なディ...カテゴリ:車検業者の選び方
バイク車検について解説します。 : バイクを所有している人も、排気量によってはバイク車検を受けなくてはなりません。バイク車検を...カテゴリ:車検の基礎知識
車検しないとまずいのにお金がない : 車検は車を持って入れば定期的に行わなければならないものです。その料金は1回あたり10万...カテゴリ:お得な車検
CONTENTS TOP ↑