安心の立会い車検とは?

車検は車の整備工場に預けて、引き取るだけでは部品の交換結果を受けても何がどのように悪いのかが不明です。立会いによって部品の状況を確認することができ、今後のトラックの取り扱いにも反映できますので安心です。

 

立会車検の必要な理由

立会い車検でない場合は、トラックを事前にあずかり、国が定めたライトの光軸やアライメントなどの法定検査を行います。それ以外にも整備士の立場で安全に乗ってもらうために交換部品がないかを確認します。例えば足回りの劣化やフィルター関係などです。後日電話を通して、交換部品を変えるかどうかの判断を含めた見積もりを提示します。ユーザーが見積もりに納得すれば作業が進められます。欠点として本当に交換すべき部品であるかや部品の状態がわからないまま判断をしなければならないことにあります。立会いをすることでトラックの状態を確認したうえで判断することができますので経費削減につながりますし、部品の状態を考慮してトラックの管理や運転に生かすことができます。

 

立会い車検の進め方

立会い車検の進め方として、まずは法定検査の説明と諸費用の説明を受けます。この部分は決まったものなので値引きができません。つぎに、持ち込まれたトラックを整備士と一緒になって確認します。タイヤを外してブレーキ回りやエンジンを見えるようにしての周辺チェックやリフトで車体を上げて下回りを確認します。そこで整備士が劣化が進んでいるので交換したほうがいいという部品を指摘します。法廷項目であれば任意ですのでユーザーのほうで選択することができます。壊れるというのは予測やアドバイスですので最終判断はユーザーでトラックの使い方や費用から判断します。また、不調や気になる点を整備士に伝えることで解決策を考えてくれます。

 

立会い車検選び方

立会い車検はいろいろなサービスをもって業者に特色があります。まずは、価格面での割引関係です。早期に割引したり代車が不要であったり持ち込みと引き取りをユーザーが行うことで車検工賃の値引きが実現します。ほかにもインターネットでの予約による割引やリピーター割引があります。つぎに、補修のサービスでオイル交換やワイパーブレードの交換などの簡単な消耗品をサービスしてくれたり、清掃を入念に行ってくれたりします。最後に、夜間の車検サービスでトラックは業務に使われるので仕事に影響がないように夜に対応してくれます。立会い車検のサービスはインターネットで比較することで分かりますし、相見積もりをすることで最も安い業者を選定できます。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

新着エントリー

車検は最短ならどのくらいで終わる? : スピード重視で車検を受けたいという人はどのような点に注意したら良いでしょうか。一般的なディ...カテゴリ:車検業者の選び方
バイク車検について解説します。 : バイクを所有している人も、排気量によってはバイク車検を受けなくてはなりません。バイク車検を...カテゴリ:車検の基礎知識
車検しないとまずいのにお金がない : 車検は車を持って入れば定期的に行わなければならないものです。その料金は1回あたり10万...カテゴリ:お得な車検
CONTENTS TOP ↑